人工知能作成① Python環境の構築~Pythonのインストール~

概要

人工知能を作るためにその環境を構築します。そこで今回はPythonという言語をつかって作ってみようと思うのでPythonを以下の公式HPでダウンロードします。

https://www.python.org/downloads/

add python ~~~ to PATHって言う部分にチェックを入れる。(おそらく自分はこれを入れ忘れたせいでコマンドプロンプトでできない!!!)

 

ダウンロード後インストールし下の画面で赤枠の中にcmdと打ってコマンドプロンプトを起動

f:id:androp-1206:20180917173236p:plain

Python -h と打つとこんな感じでぐちゃぐちゃって出てきたらOKらしいデス。

コマンドプロンプトで出てこなくなりわけわからなくなった僕はAnaconda Promptとかいうのを使ってます。)

f:id:androp-1206:20180917174310p:plain

このPythonという言語には、ライブラリという強化するための装備(便利な機能がいろいろ追加できるもの)があるみたいなので、それをいろいろ探してインストールして言ってもよさそう。

とりあえずは、データベースがかなり重要らしいが、動かし方を覚えたいので、無料で上げてくれてるcsvファイルを拾ってきて、元になる人工知能を作って検証の仕方とか、覚えていこうと思います。

 

【競馬反省】セントライト記念

もう僕は、あれですね。展開予想した馬と1頭別の馬選んでそれでボックス買いしろと・・・

でもジェネラーレウーノ等の極端にあるペースで強い馬やコース適性などを一切考慮してなかったのは、ダメでしたねー。精進します。

短いですが、凹みまくりなのでこんなところで失礼します。

【競馬予想】2018年9月17日 朝日杯セントライト記念

セントライト記念予想

全体的にオッズにでているほど差がないと思います。

人気馬予想

素人の僕には、レイエンダの強さが全くわからないので、たぶん来る。

もう人気馬は、わけわからないよ!!!!ローズステークスも外れるしさ!!!!誰か助けて!!

展開予想

タニノフランケル、ケイティクレバーあたりが前に行って、全体的に前目のポジション。レイエンダは外枠なこともあり、中団か、中団よりやや後ろになるかと思います。

もしレイエンダが、前目のポジションを行くことがあればマークする馬も増えペースは上がり後ろにかなり有利な展開になりそう。

レイエンダが、後ろだった場合やや早いか、普通のペース、人気どころ5頭の中で決着かな?

基本的には、ゼーゲン・グレイル・ギベオン・コズミックフォースあたりにおいしい展開のはず

レース総評

ステップレースだが、しっかり勝ちきる馬が多いのがこのレースの特徴。あれにくいんじゃないかなと思う。

人気馬がこけるときはG1で好走していない事や、走らせすぎている場合が多い。

ゆきそば予想!!!!

◎コズミックフォース

〇ギベオン

▲レイエンダ

△ブレステイキング

警戒:ゼーゲン

 

 

【競馬反省】ローズステークス

ローズステークス反省

結論から言うと馬券は総外れでしたーーーー

人気馬

サトノワルキューレ

コメント:緩め仕上げ?仕掛けは遅かった気がするけど・・・前残りの競馬だったので、次はペース上がるなら減点なしで全力買い。

 

サラキア

コメント:ポテンシャル高いなー。でもやっぱり勝ちきれる力はなかったかー・・・こんなもんでしょ!って感じでした。

センテリュオ

コメント:もうちょっと先の馬かな?

展開予想の反省

テュロス先頭行きませんでしたね。でもまぁ全体的に緩い感じになってて

テュロス・レオコックブルー・カンタービレ・ゴージャスランチのうち3頭掲示板っていうもう展開予想だけで買えよ!!!ってなってましたねw

 

 

ゆきそば予想の反省!!!

◎ゴージャスランチ→惜しかった。予想したことは後悔してない

〇サトノワルキューレ→展開分もうちょっと減点でも・・・

▲トーセンブレス→休み明け展開分で減点すべきだよね・・・何考えてたんだ・・・

△ウスベニノキミ→ノーコメント

警戒:ラテュロス→ゴージャスランチとのワイドを買ってただけに悔しい。ポジション的にも警戒って言うよそうで良かったかな。

 

全体的にもっと自分の展開予想を信じた上で、予想、馬を買うべきかな?

もっと精度上げるためにがんばります。

【競馬予想】2018年9月16日 第36回 関西テレビ放送賞ローズステークス

ローズステークス予想

人気馬

サトノワルキューレ

騎手M デムーロ

実績:フローラステークス1着、オークス6着

コメント:コース適性はある。上がり3Fは34台前半は安定して出せる。前からでも競馬はできそうだがパフォーマンスは1枚落ちる?(ちょっと情報が足りない。ラップの刻み方では全然いけそう)でもこのメンバーならさすがに勝てるかなって感じ。

評価:77点

サラキア

コメント:前走+10で成長し強いレースを見せたように見えるが、もともとこれくらいのポテンシャルはあった。レコード勝ちしてるあたりがマイナス。ちょっと前走頑張りすぎかな?1000万勝つくらいは、強いと思うけど、オッズほど強くはなさそう

評価:68点

センテリュオ

コメント:負けレースは展開の妙。この馬自体の能力は低くない。ただ重賞以上の厳しいレースの経験がない・鞍上に不安。ここで勝つ・連対なら秋が非常に楽しみ。

僕はこれからの馬かなとみてる。

評価:69点

展開予想

テュロス先頭の仕掛ける馬も少ないスローペース。後ろの馬にはちょっと不利か?

テュロス・レオコックブルー・カンタービレ・ゴージャスランチあたりには美味しい展開。

レース総評

まず、ローズSの特徴として、本番は秋華賞なので、ここは出走権利がほしい馬・重賞チャンスが少ない馬が本気で取りに来るレース。

もし、成績的に本気で秋華賞狙うために無理しない馬がいるとするなら、サトノワルキューレのみだが、500万1000万と走ってる馬は、レース的にそれ以外は差がないと思う。重賞好走組に期待

 

ゆきそば予想!!!!

◎ゴージャスランチ

〇サトノワルキューレ

▲トーセンブレス

△ウスベニノキミ

警戒:ラテュロス

 

人工知能(Python)を使って競馬を予想するプログラムを作ってみる。

相変わらず競馬が大好きな僕は、不労所得を目指して人工知能なるものにチャレンジしようとしてます。

自分用メモですが、ど素人の自分が調べた結果、人工知能で競馬予想の作り方の流れはこんな感じ

① Python環境を整える

まず僕は、Pythonというプログラミング言語を使おうと思います。(他にもR言語なるものが使われている様子)

その際、このプログラミング言語を使うためにパソコン上で設定をしなきゃいけないことがあるみたいなのでそのセッティング作業をはじめにしなくてはなりません。

結構使いやすく色々応用もできるみたいなので、頑張って勉強してみます!

② データベースの取得(作成)

これはあれですね、予測してもらうために過去のデータが必要になってくるわけですよ。そこでこのデータベースってのを作らなきゃいけないみたいなのですが!!!

これは非常にめんどくさそう・・・ただ、人工知能を作るにあたって一番大事なのが、ここみたいですね。いろいろまとめておいてくれているデータベースなどがあるみたいなので、そこからエクセルのcsvファイル?に入れてやっていこうと思っています。

③ プログラミングしていく。

jupyter notebookなるものを使ってカチャカチャって色々打っていくみたいです!

ここでは、人工知能と呼ばれるデータから推測するシステムを作っていきます。

④ ②と③を繰り返し行い完成

④まで来てやっと予想プログラムを始動できるわけですね。大体こんな流れで作って行こうと思います。あと2ヶ月くらいあればできるかなーって予想してるんですが、まぁ儲けになるかどうかはあまり自信がありません!!!w

 

まとめ

競馬で人工知能予想作るなら

Python

・データベース

この2つを使いこなさなきゃいけないみたいなので、これから頑張って勉強していきます。

 

はてなブログでカテゴリ一覧を表示・設置する

今回は自分の調べたカテゴリ一覧の表示の仕方を書きます。

 

1.まず記事の管理画面の左側にあるデザインをクリック

f:id:androp-1206:20180907215441p:plain

 

2.上のほうにあるこの赤いマークをクリック!

f:id:androp-1206:20180907215530p:plain

3.サイドバーをクリック後モジュールを追加をクリック!

f:id:androp-1206:20180907215449p:plain

最後にカテゴリを選択して適応をクリックです!!